Tea Time -研究者Tのつぶやき-

自分の専門分野(宇宙天気、オーロラ)のことや子育てのこと、趣味のことなど、思いつくままに書いてみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日光白根山登山

 8月の燕岳登山に続いて、今回は日光白根山に登りました。

 ・・・・いや、最初は山登りがメインではなく、八丁の湯という旅館に泊まって、次の日に鬼怒沼湿原までハイキングするというのが目的だったはずなのですが、あーるが是非山にも登りたい!と主張したため、登山もオプションツアー(?)として加わりました。。燕岳に登る時は、あーるの山登りへの興味はそれほどでも無かったようなのですが、登山用のマイザックも新たに購入し、すっかり山登りにハマった模様です。つーさんの洗脳(?)の甲斐があったというものです(笑)。 (ちなみに、鬼怒沼へのハイキングはごっちの体調が悪くなって結局行けずじまい・・でした。)

 2500m級の山なもので、コースタイムはトータルで7時間!(しかし、地図のコースタイムに一部誤り有!これで30分はロスしました。。)その一方で、八丁の湯へは直接車で行くことができないため、近くの女夫淵温泉の駐車場から歩く(所用時間約1時間30分)か、バスで迎えに来てもらう必要があるのですが、さすがに登山の後に1時間以上歩くのはしんどいし、暗くなってからは歩けないので、お迎えの最終時間16時30分に間に合うように下山&移動することを考えると15時までに降りるのがベストだったのですが。。。。ま、あーるのブログにもありますが、予定通りにはいかないものです。少し無茶をしました。。。反省。

 山登りの様子はあーるのブログでもレポートされてますが、菅沼登山口から弥陀ヶ池までは林間コースだったのですが、そこから頂上までが結構岩ごろごろの急なところでした。
白根山の山肌

 でも、天気が良くて、とても気持ちが良い登山でしたね。燕岳では雨で散々でしたから。。頂上からは中禅寺湖も良く見えました。
日光白根山の頂上から

 ちなみに、今回の登山ではいくつか新兵器(?)を投入しました。GOOD

(1)HIGHMOUNT SPALDING高度計(ソフトケース付)
 基本は気圧計で、高度が高くなると気圧が下がることから、高度が推定できるという装置です(専門用語ではアネロイド式気圧計と言います。)。まあ、気圧は天候の状態によって高さが変わらなくても変化するので、天候が激しく変化してしまうと、高度も不正確に(笑)。まあ、天気の変化&簡単な予測が出来るのもこの装置の特徴になってます。山に登っていると中で、ごっちやぷぷたに見せてやると、値がどんどん変わっていく様子を面白がっていました。原理についても一応説明しましたが、まずは感覚として知ってもらえればよいかなと思ってます。山の頂上で写真を撮ってみたのですが、接写モードにし忘れたので、ピンボケです(笑)。
高度計の写真

(2)ポータブル温度計(メーカー不明?)
 山の上だと、水の沸点が下がることを確かめる実験用に購入しました。山の上で、昼食時にお湯を沸かす予定にしていたので、そこで水が沸騰しているときの温度を測って、100度になっていないことを子供達に実感してもらおうというものです。五色沼の横でお湯を沸かしてカップラーメン&チキンラーメンを作った時に測定した結果は93度でした。ネットで調べてみると、2500mでの沸点が93度となっていますので、ほぼドンピシャです。いずれ、富士山にも登る予定(!)なので、その際にも測ってみようというのがあーる&つーさんの野望(?)です。これだから理系夫婦って(笑)。

(3)PRIMUS イータパワーEFトレイル
 現在、世界で最も熱効率の良い(?)バーナー&鍋のセットです。通常のバーナーと鍋の組み合わせだと、熱効率は高々40%程度に過ぎないのですが、こいつは何と80%!ポイントは、風防と鍋の底にあるヒートチェンジャーという構造のようです。ネットで調べると、他にも熱効率の良いバーナー&鍋セットはあるのですが、これが熱効率がトップクラスで鍋の大きさも大きい(2.1L)ので購入を決めました。このサイズなら、登山だけでなく、キャンプでも活躍しそうです。(というか、家族で山登りするのでなければ、日帰りくらいの山登りでこれを持ち歩くのは少々面倒な感じではあります。)
最強のコンロ&鍋

 登りで予定よりも時間を使いすぎて、下山したのは15時半過ぎ・・・。急いで車で女夫淵駐車場に向かったのですが、16時半には間に合わず、17時到着。。真っ暗な中、お迎えのバスに乗って宿にたどり着きました。子供達は途中の山道のくねくね道で少し気持ち悪くなったらしく、大分お疲れモードでした。。
スポンサーサイト

お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<きのこの秋、○○○の秋 | HOME | 秋学会@金沢>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。