Tea Time -研究者Tのつぶやき-

自分の専門分野(宇宙天気、オーロラ)のことや子育てのこと、趣味のことなど、思いつくままに書いてみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

意識と無意識

 つーさんは車で通勤しています。自宅から職場までの所用時間が一時間くらいなのですが、ルートを上手に選ばないと、渋滞などで時間がかかってしまいます。そのため、いろいろと工夫してきました。地図を見て、新しいルートを試してみたり、道路や橋の拡幅工事によって道路事情が変わると、ルートを変えてみたり。。。今では、途中の経路が事故などによって突発的に渋滞となった場合のう回路などもマスターし、ルートが大分最適化されてきたと思っています。

 そう言いつつも、実はこの春に、通勤ルートの一部を変更しました。自宅から職場に行くには、JR中央線を横切らなくてはなりません。ちょっと前までは、職場までの最短ルートは広い街道なのですが、開かずの踏切がある場所の近くだったので、通勤時間帯は結構な割合で渋滞していました。そのため、これまでは開かずの踏切を回避するようにルートを設定して通勤していたのです。ところが最近、中央線の高架化の工事が完了し、開かずの踏切が解消されたことに気が付いて、試しに最短ルートの街道を使ってみました。すると、車が非常にスムースに流れるようになっていたので、現在はこのルートを使うようにしています。

 ただ、切り替えた最初の頃は、結構な割合で、昔のルートを走っていることがありました。単に変更したのを忘れていると言われてしまえば、それまでなのですが、どうも、通勤路の運転は、無意識のうちに行っている場合があるようなのです。例によって(?)運転しながらも何か考え事をしていたりすることがあるのですが、考えに夢中になっていて、ふと気がつくと、いつの間にか大分先まで進んでいることがあって、途中の経路の状態がどうだったかが思い出せないことがあります。人間は慣れている行動だと、意識しないでもできるようになるようです。その反面、変更にはすぐに対応してくれないので、現在は、まだ新たなルートに関しては、「意識」してその道を走るようにしてやらないと、「無意識」のうちに昔のルートで車を走らせてしまいそうです。
スポンサーサイト

科学薀蓄? | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<南アフリカHermanusに出張 | HOME | 帰国します>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。