Tea Time -研究者Tのつぶやき-

自分の専門分野(宇宙天気、オーロラ)のことや子育てのこと、趣味のことなど、思いつくままに書いてみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

七夕

 仕事が忙しくて、ばたばたしているのですが、★がテーマ(?)のつーさんブログとしては、七夕の話を書かないわけにはいきませんね(笑)。今年の七夕も、天気が悪くて、肝心のお星様(織姫、彦星)が見られなかったですね。大体、七夕の頃はいつも梅雨の真っ只中で、星が見られることの方が希ですよね。
 これは、もともと旧暦の行事だった七夕を日にち(七月七日)を変えずにお祝いしているのが原因です。旧暦の七夕はだいたい8月なので、梅雨は明けていて、星空が見られる確率が高くなります。それと、織姫と彦星の見え方が新暦の七夕の頃と旧暦の七夕の頃では全然違います。新暦の七夕の頃だと、日が落ちて暗くなったばかりの時間だと、織姫と彦星は東の空の低めのところに見えています。なので、あんまり見栄えが良くないです。(もちろん、夜中頃まで粘れば、見える高度は高くなりますけど。。)旧暦の七夕の頃なら、だいたい真上に織姫と彦星が天の川をはさんで見えています。
 七夕を7月7日ではなく、8月7日にお祝いするところが多いのは、こういったことも理由になっているのだと思います。東北三大祭で有名な仙台の七夕祭りも8月7日を中心にして開催されますよね。。(ところで、J2のベガルタ仙台のベガルタは織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が由来だって、ご存知でした?)

 それと、私は小学生の頃、北海道の函館というところに住んでいたのですが、そこでは七夕の夜になると、子供達が浴衣を着て、提灯を持って、兄妹や友達と一緒に町内の家々をまわってろーそく(やお菓子)をもらう習慣がありました。家の玄関のところで、「たけーにたんざくたなばたまつり、おおいはいやよ、(orおおいわいだよ)、ろーそく一本ちょうだいな!」と歌って、ろうそくをもらうのです。気の利いた家だと一緒にアメやお菓子をくれるので、それが子供心にとっても楽しかったのを覚えています。まあ、アメリカだとハロウィーンのような感じでしょうね。小さい頃の楽しい思い出の一つです。今でもこの習慣は残っているのでしょうか?
スポンサーサイト

科学薀蓄? | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<明日から夏休み | HOME | 新・仙台市天文台 オープン>>

この記事のコメント

ごっちが「また今年も(織姫と彦星が)会えないんだねえ」と寂しそうだったので、太陰暦と太陽暦の話をしてやりましたが途中でどこかに消えました。
・・・ママの説明はわかりにくいのでしょうか・・・・。
2008-07-16 Wed 00:40 | URL | あーる #-[ 編集]
太陽暦と太陰暦を小学生にわかるように説明するのは、結構めんどくさいかも。天文ヲタクなら別なんですが(笑)。
2008-07-18 Fri 17:37 | URL | つーさん@モントリオール #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。